HOME > 金額を支払う手段の使い分け方について

金額を支払う手段の使い分け方について

"私は金額を支払う手段としてクレジット・現金・電子マネーを使っていますが、それぞれ目的によって支払う手段が違います。
基本は現金で支払うのですが、高額な買い物だったらクレジットにします。やはりクレジットのポイントがつくのは大変魅力的ですし、後で振り込む必要がありますが、今持っている財布の中身を心配することがなくなるからです。
また、一部提携しているところではサインレスで支払うことができますので、そういったところではクレジット払いをすることが多いです。

クレジットは大変便利ですが、それでも現金を持ち歩くのは、現金でしか使えないところも多かったり、現金でないと値引いたりしてくれないところもあるからです。また、少額だとサインをするのが面倒くさいということもあります。
電子マネーはあまり使いませんが、稀に使います。私が使っているのはお店と提携しているEdyカードで、それを使って飲み物を頼むと10%値引きしてくれるサービスがあるからです。

それぞれ長所短所ありますが、せっかく金額を支払う手段が豊富な時代に生きていますので、使い分けて行こうと思います。"

その他の管理サイト一覧


おすすめ証券会社一覧

ネット証券について

FXが大好きな方へ

経済情報

お金のやり繰り