HOME > ネット証券会社と信託保全

ネット証券会社と信託保全

ネット証券は、1990年代後半以降、インターネットが各家庭に急速に普及し始めたことで、一気に日本中に広がりました。

つまり、ネット証券サービスの歴史に関しては、「まだ20年以下」ということになるんですよ。長年に渡り、優良なサービスを展開している業者と違い、ネット証券会社はまだ歴史が浅いですので、やはり「信用できるのか?」ということが重要になってくるんですね。

たとえば、あなたが取引をしている業者が「倒産」したとしましょう。この場合、その業者の口座に入れていたお金はどうなるのでしょうか?気になりますよね。

上記のように、業者が倒産した場合、「信託保全が100%」であれば安心です。信託保全とは、投資家が口座に入金しているお金を、第3の機関で保全し、万が一の事態でも守られるという制度です。今では、信託保全は法律で義務付けられています。

したがって、その意味では安心できるのですが、「信託保全をしているが、100%ではない」という業者もあるんですね。

つまり、「もし当社が倒産したら、あなたのお金の50%は返ってきますよ」などのように、「全額は保全されていないこともある」ということを知っておきましょう。したがって、業者選びの1つのポイントとして、「信託保全を100%やっている」を確認しておくことも大切なんですね。

取引口座に入金しているお金は、あなたの大切な「資金」です。その資金を、業者の倒産という形で失うのは悔しいですよね。だからこそ、信託保全にちゃんと目を向けて業者選びをすることが重要なんですよ。

その他の管理サイト一覧


おすすめ証券会社一覧

ネット証券について

FXが大好きな方へ

経済情報

お金のやり繰り