HOME > 口座の種類を考えてみよう

口座の種類を考えてみよう

一口に「ネット証券」と言っても、「口座の種類」にはいくつかあり、投資を始めるには「どの種類の口座を?」を決めておく必要があります。

まず「一般口座」ですが、「1月1日〜12月31日」までの1年間の取引記録を自分でまとめて書類を作成し、自分で「確定申告」もする必要がある種類の口座です。

一方、「取引記録の書類を作るのが面倒くさい」というのであれば、「特定口座」というものがありますよ。これは、1年間の「年間取引報告書」を業者が作成してくれるものです。つまり、あなたはその書類を持って確定申告すれば良いだけなんですね。

「でも、書類を作るのも面倒だし、確定申告はもっと面倒だ…」という人も多いと思います。その場合、「特定口座(源泉徴収あり)」という口座を選んでおきましょう。

普通の「特定口座」の場合、業者がしてくれるのは「年間取引報告書」の作成だけでした。しかし、「源泉徴収あり」となると、納税も業者がやってくれるため、あなたは何もしなくても良いことになります。とても楽ちんですね。

ただし、源泉徴収ありの「特定口座」の場合、「損失を翌年以降に繰り越せない」などのデメリットがあります。

また、その他の節税対策も出来ないケースが多いため、「節税したい!」というのであれば、やはり自分で確定申告しておきましょう。

しかし、投資初心者の場合、「年間取引報告書」を自分で作成するのは難しいと思います。したがって、「特定口座」か「源泉徴収ありの特定口座」のどちらかを選んでおけば良いでしょう。

その他の管理サイト一覧


おすすめ証券会社一覧

ネット証券について

FXが大好きな方へ

経済情報

お金のやり繰り