HOME > 異なる通貨同士の組み合わせ

異なる通貨同士の組み合わせ

FXにおける通貨ペアとは、異なる通貨同士の組み合わせのことを言います。米ドル円の場合は米ドルと日本円を取引することであり、米ドルを買って日本円を売るか、逆に米ドルを売って日本円を買うということを行う必要があります。FXにおいては、どちらかの通貨を買えばもう一方の通貨は売らなければならないことになっており、この通貨交換の関係を表しているのが通貨ペアなのです。通貨ペアのうち左側の通貨を主軸通貨と呼び、右側の通貨を決済通貨と呼びますが、主軸通貨を買えば決済通貨を売る必要があり、主軸通貨を売れば決済通貨を買う必要があります。FXの取引では対米ドル取引が中心であるため、米ドルが交換相手となっている通貨ペアのことをドルストレートと言いますが、米ドルが交換相手でない通貨ペアのことはクロス通貨と言います。また、クロス通貨の中で円が交換相手となっているもののことを円クロス通貨と言い、これが最も人気のある通貨ペアです。

その他の管理サイト一覧


おすすめ証券会社一覧

ネット証券について

FXが大好きな方へ

経済情報

お金のやり繰り