HOME > 二種類の外国為替市場?

二種類の外国為替市場?

外国為替市場には、インターバンク市場というものと、対顧客市場と
いうものがあります。

インターバンク市場は銀行と銀行が一対一で取引する場のことをいい、
対顧客市場は銀行と一般消費者である私たちとの取引の場のことをいい
ます。

FXで取引をする私たち一般投資家は、インターバンク市場で取引される
レートを参考にした業者がレートを決定し、私たちに提供されていると
いうわけです。

また銀行で外国通貨に両替する時は、対顧客市場における為替レートで
両替されているのですが、このレートは午前10時頃のインターバンク
市場で取引されている為替レートを参考にして決められています。

その他の管理サイト一覧


おすすめ証券会社一覧

ネット証券について

FXが大好きな方へ

経済情報

お金のやり繰り